The Elder Scrolls IV・V:SKYRIM:攻略・人物紹介

The Elder Scrollsシリーズに登場する様々な人物や場所を紹介していきます、2018年4月19日現在798の項目が存在しています。

2017年10月

タエナ

タエナウィンターホールドで生活をしているノルドの女性、現首長のコリールの妻にあたりアッシュールは息子、反帝国軍とウィンターホールド大学派で大学さえなければ大崩落が起きず町は繁栄していたと思っている。
内戦クエストで帝国軍側で進めていくとソリチュードへと幽閉される、ここでも帝国の文句を言っている。









焼け落ちた家

焼け落ちた家リフト地方の南東に位置しているファスト・トラベルができないロケーション、家が一軒だけが建っておりかつて魔術師なのかは不明だが一人で生活をしていたようだが、ロウソクと巻物を使って呪文を使ったがこれが失敗、使用者は焼死し家も完全に焼け落ちてしまっている。
わずかにアイテムが手に入る以外に寄る必要は特にない。






焼け落ちた家焼け落ちた家



バラゴグ・グロ・ノロブ

バラゴグ・グロ・ノロブペイル地方の宿屋であるナイトゲートに長く宿泊しているオークの男性、かなりの金を持っているためか宿屋の常連客として知られてはいる、無口ではあるが同じ宿泊客のフルサイムからは本当は人と話がしたいんだろうとされている。

実は書物の「無類の味わい」の著者であり美食家とされている、皇帝タイタス・ミード二世の食事を出すのは彼だったがこれを主人公にすり替えるために闇の一党のクエストで暗殺される事になり、ワインの樽の中に放り込まれるか外の小さな湖に浮かべられる目に合う。






記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: