ジョアン・フラソリックシロディールの北方の都市のブルーマで生活をしているブレトンの女性、ブルーマの魔術師ギルドの支部長を務めている、ヴォラナロやジュスカールなど一部のメンバーからは大した才能もないのに支部長になったと思われており、悪ふざけでジュスカールが消えるという騒動を引き起こされている。

この一件でメンバーに対する考えを改めるつもりだったが、その後の死霊術師たちの襲撃で死亡する。