The Elder Scrolls IV・V:SKYRIM:攻略・人物紹介

The Elder Scrollsシリーズに登場する様々な人物や場所を紹介していきます、2018年4月19日現在798の項目が存在しています。

ウィンドヘルム

クジャランド・ソルトセイジ

クジャランド・ソルトセイジDLCのDragonbornで登場するノルドの男性、自身が船長を務めるノーザン・メイデン号でスカイリム地方とソルスセイム島へと航海を繰り返していたが、ある日、ミラークに操られて信者を主人公の元へ送り込むことに協力させられてしまう。
その事が原因でソルスセイム島には行きたくなかったようだが、主人公の頼みを聞いてあっさりと連れて行ってくれる、その後はトラベルで外ならどこでもソルスセイム島に高速移動できるため出番はほぼ終わりとなってしまう事に。







オエンガル・ウォー・アンヴィル

オエンガル・ウォー・アンヴィルウィンドヘルムで生活をしているノルドの男性、鍛冶場を担当しており弟子には強き心のヘルミールがいる、武器や防具は彼から買う事も可能、ブレイディス女王の剣を持って来てほしいと主人公に依頼する。

ホワイトランにいるエオルンド・グレイ・メーンを強烈にライバル視しており自分の方が実力は上だと語る、なお、エオルンドからは彼の名前は出てこない。









グジャランド・ソルトセイジ

グジャランド・ソルトセイジウィンドヘルムの港に停泊しているノーザン・メイデン号の船長を務めているノルドの男性、DLCのDragonbornを導入すると船とともに現れる。
ソルスセイム島にいた際にミラークに操られて部下をスカイリム地方に送ってしまい主人公が襲われる。
これが原因でソルスセイム島を恐れているが主人公の頼みをあっさり聞いて送ってくれる。








ソフィ

ソフィウィンドヘルムで路上生活をしている子供、DLCのHearthfireを導入すると町に現われる、母親がすでに病死し、父親はストームクロークの兵士でおそらくすでに戦死している。
そんな事から身寄りもなく1人で花を集めて売ってその日を生きているという作中の子供の中でもぶっちぎりで悲惨な状況にある。

なお、主人公の養子候補でもある。







アベンタス・アレティノ

アベンタス・アレティノウィンドヘルムで生活をしている子供、ウィンドヘルムでは母親と2人暮らしだったが1年ほど前に母親が病気で寝たきりとなり、その後亡くなってしまう。

孤児となったため元はリフテンのオナーホール孤児院にいたがそこで親切者のグレロッドからの扱いに耐えかねて1人で自宅に帰ってしまい、そこで闇の一党を呼び出す黒き聖餐を行っている。

その最中に偶然自宅に入って来た主人公を暗殺者だと勘違いしているが違っていてもグレロッドを殺してほしいと頼み込む。

暗殺後は喜んで家宝を渡して孤児院に帰っている。





記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: