The Elder Scrolls IV・V:SKYRIM:攻略・人物紹介

The Elder Scrollsシリーズに登場する様々な人物や場所を紹介していきます、2018年4月19日現在798の項目が存在しています。

モーサル

ヘルギ

ヘルギモーサルで生活をしていた住人、フロガーの一人娘、アルバに魅入られてしまったフロガーの手で家に放火されてしまい、母親とともに逃げられず、熱かったのが急に寒くなり暗くなったと話す。
主人公を友達か何かだと勘違いをしている、墓地もあるが墓荒らしをされてしまっている。

吸血鬼のモヴァルスを討伐して洞窟から出ようとすると再び出現して感謝の言葉を残し成仏していった。










吸血鬼のラレッテ

吸血鬼のラレッテモーサルで生活をしていたノルドの女性、ソンニールの妻でもある、ある日、夫や子供を置いてストームクロークに入隊すると言い旅立ってしまったが、実際にはアルバに魅入られてしまい吸血鬼に転化、ただの駒として使われており、ヘルギの眠る棺を掘り返す蛮行に出ている。

そこを見張っていた主人公と遭遇し死亡する、直後にソンニールが来るが主人公を咎める事はなくクエストは進む。









ジョリック

ジョリックモーサルで生活をしている子供、首長イドグロッド・レイヴンクローンの末の息子に当たる、若きイドグロッドは姉、母親の預言能力を最も受け継いでいるのか自分はここにいないんだ・・など普通の子供とは思えない謎な発言を多くしている。









ヴィルクマンド

ヴィルクマンドモーサルで生活をしている子供、父親は製材所で働くソンニールで母親はラレッテ、母親はストームクロークに入隊したとして帰って来ない事に不思議に感じている。
実はこのラレッテは吸血鬼に捕まり仲間にされて駒となり、クエストであろう事かそれを倒してしまう事になるのが濃厚なのは何と主人公で、将来の親の仇になってしまう可能性が高い。








ヨルゲン

ヨルゲンモーサルで生活をしているノルドの男性、製材所で働く労働者、妻は錬金術店を経営するラミ、200年以上前のオブリビオンの動乱後の深遠の暁の残党狩りをしていた集団の8代後の子孫に当たる。

彼が所有しているのはメエルーンズのカミソリの柄、預言者のような現首長、イドグロッド・レイヴンクローンに不満を持っている。








記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: