The Elder Scrolls IV・V:SKYRIM:攻略・人物紹介

The Elder Scrollsシリーズに登場する様々な人物や場所を紹介していきます、2018年4月19日現在798の項目が存在しています。

リフテン

ヒューノン・ブラック・スキーヴァー

ヒューノン・ブラック・スキーヴァーリフテンの地下に広がるラットウェイの入り口付近で遭遇が可能なノルドの男性。
ドラーフの相棒で盗人らしくブラック・ブライア家のような豪華な家を建てている計画のはずが未だに下水暮らしである事に不満を持っており、気づかれたら生きたまま皮を剥がされると恐れている。

位置的に主人公と必然的に鉢合わせするためその計画もすべて消える事に。








耳の悪いヘフィッド

耳の悪いヘフィッドリフテンの地下に広がるラットウェイのウォーレンズで生活をしている老婆、扉に施錠をしてインク壷、石、手桶、本、ナイフ、など謎の言葉を言った後にダメダメ!叫んでいる、おそらく精神的におかしくなってしまった人なのかは不明だが、扉を開けると高確率で敵になる。

扉を開けずにそっとしておけば倒さずに済む。







クジャルク

クジャルクリフテンの地下に広がるラットウェイ・ウォーレンズで生活をしているノルドの男性、小部屋から主人公にちょっと来いよと誘ってくる。

料理人のような奇妙な姿をしているが、さらに近づくと、どうやら人肉が目当てだったらしく主人公を食肉にするべく襲ってくる、この時点の主人公に敵うはずもなく反対に死肉と化す。











ドラーフ

ドラーフリフテンの地下に広がるラットウェイの入り口付近で遭遇する事ができるノルドの男、盗賊ギルドに何らかの形で襲撃を仕掛ける計画があるらしく、相棒のヒューノン・ブラック・スキーヴァーと会話をしている。
結局は場所的に確実に主人公と会うためその計画は実行されることなく終わる。










拳のジアン

拳のジアンリフテンの地下に広がるラットウェイで生活をしているノルドの男性、1人で部屋におり何故かベアトラップなどを仕掛けている、どういう人物だったのかは不明、拳闘士の手袋を装備して名前の通り拳で主人公に戦いを挑む、大して強くはない。










記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: