The Elder Scrolls IV・V:SKYRIM:攻略・人物紹介

The Elder Scrollsシリーズに登場する様々な人物や場所を紹介していきます、2018年4月19日現在798の項目が存在しています。

ハートランド地方

ブルシタス・フェスティニアス

ブルシタス・フェスティニアス帝都のすぐ北に建つ宿屋「ロクシー」に宿泊しているブレトンの男性、クロード・マリックの仲間の傭兵、特に何もないもののウンバカノのクエストでマラーダの遺跡から出てきた主人公を待ち伏せしており選択肢によってはクロード、リグモア、スラジールと共に襲ってくる。









リグモア

リグモア帝都の北にある宿屋「ロクシー」で宿泊をしているノルドの女性、クロード・マリックの仲間の傭兵、ウンバカノのクエストでマラーダでの探索を終えた後クロードたちと一緒に遺跡の外で待ち構えている、重装の防具で固めており他の傭兵と比べて一番強く見える、クエストで生存後は再びロクシーに戻っている。









ボーリオン

ボーリオン帝都の北に位置している宿屋「ロクシー」で生活をしている男性、日中は宿屋や外で飲んでいる事が多い、寝床は宿屋の裏手にある、おそらく物乞いの可能性もあるが何があったのかは不明。

クロード・マリックを始めとする宿屋の宿泊客は何かしらのクエストに関わるが彼は一切関わらない。









エイルウィン・メロウォルド

エイルウィン・メロウォルド帝都のすぐ周囲にあるウェイという家で一人暮らしをしているブレトンの男性、元漁師ですぐ目の前に広がるルマーレ湖にてスローターフィッシュに噛まれて足が不自由になり漁にも出られず主人公に助けを求めてくるが、この時に選択肢で笑ってしまうと好感度を上げない限りはクエストが始まらない。

スローターフィッシュの鱗を渡すと報酬を渡してくれる、また、魔術師に頼んで金庫に施錠をした事も教えてくれるがこの時の字幕は訳揺れで女性の物になっている。

ちなみに攻撃したり恐怖呪文を使うとしっかりと走ってくれる。





アンコター

アンコター帝都の北にあるカラクタカス砦で生活をしているハイエルフの男性、はぐれ魔術師であり日夜研究を続けているがある日、周囲にある集落のエイルズウェルの住人たちがうるさい事に腹を立て透明化の呪文を集落にかけてしまう。

そのおかげで幽霊集落のように言われてしまったため依頼された主人公から反転の呪文を渡すよう迫られる。
その際にもしもの時のため安全用に指輪も渡してくれる、反転の呪文の書を間違って別の場所で使ってしまうと怒るが予備を用意しており渡してくれる。

その後も研究は続けるらしい。






記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: