The Elder Scrolls IV・V:SKYRIM:攻略・人物紹介

The Elder Scrollsシリーズに登場する様々な人物や場所を紹介していきます、2018年4月19日現在798の項目が存在しています。

すでに死亡している人物

死亡したトレジャーハンター

死亡したトレジャーハンターOBLIVIONで登場する人物たち、シロディール各地方の洞穴や遺跡などに主人公よりも早く入って様々な理由でお亡くなりになった人たち、装備も市民が武装した程度で、何も見つからず死んだのか所持品にはあまり目ぼしいものがない事が多い。






魔術師アルゴス

OBLIVIONで名前が登場する人物、戦士ギルドにアルペニアにいるアザニ・ブラックハートが持つ聖遺物を取り戻すよう依頼するが、この任務でヴィテラスを含む多数のギルド員を失ってしまう、その後あっさりとブラックウッド団が聖遺物を取り戻して名を挙げてしまうがすぐ後にアルゴス自身も殺されてしまう。

じつはブラックウッド団とアザニ・ブラックハートは裏取引をしており、ブラックウッド団はまずアルゴスに聖遺物を渡して報酬を受け取り、そしてブラックハートにはこのアルゴスの居場所を教えて始末して聖遺物を自分の元へ取り戻している。




エマーダレロス

OBLIVIONで登場する人物、約300年以上前にノクターナルから灰色の頭巾を盗み出してグレイフォックスを名乗り、事実上の最初のグレイフォックスであり盗賊ギルドのマスターでもある、頭巾を装備した時点で名前も存在も消し去られるという運命にあったためか、帝都の波止場にある家も人々の記憶からは忘れられていた、OBLIVIONの主人公がグレイフォックスになったため封印は解けて家も入れるようになっている。
第四紀ではもはやその名前を知る者はいないと思われる。





ギャルタス・ブレヴィア

ギャルタス・ブレヴィアOBLIVIONで登場する男性、ノンウィル洞穴に向かったまま行方不明となり彼の親族から捜索してほしいと戦士ギルドに依頼をして、それを受けた主人公とヴィラヌス・ドントンが探しに向かう。

すでに死亡しており、モンスターに殺されたとみられるが、壊れたブラックウッド団の盾があるためブラックウッド団に殺されてしまったという二つの説があるものの、どちらなのかはっきりしない。





アンドレ・ラブーシ

アンドレ・ラブーシOBLIVIONで登場する男性、アエリン野営地のすぐ北にある岩のそばで死んでいる、彼の死んでいる場所の真上にはダイビングロックがあり、ここに向かったアグナーとスヴェンジャの娘からの手紙を持っている、つるはしを持っているものの、途中で滑落したと思われる。




記事検索
カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: